メンズスキンケア通信

ニキビ・ニキビ跡、毛穴、しみ、ほくろの治療について、おすすめのクリニックや体験による比較画像などの情報をお伝えします。

扁桃膿栓の治療体験記 | 耳鼻科で臭い玉をとる

口臭を気にする男の画像

先日、久しぶりに臭い玉がでました。

臭い玉の除去を専門にしている耳鼻科があると聞き、体験してきました。

臭い玉(膿栓)とは

たまに口からでてくる白い玉。

これが卵が腐ったような臭い、ドブや下水の臭いがすることから、通称、臭い玉と言われています。

この臭い玉、医学的には、「膿栓」と呼ばれています。

臭い玉(膿栓)ができる原因

バクテリアの画像

なぜ、臭い玉(膿栓)ができるのでしょうか。

 

臭い玉(膿栓)は、歯周病菌や大腸悪玉菌のような細菌が無数に集まったものです。

この細菌は、膿栓1ミリに1億個から2億個います。

 

そして、この臭い玉は、扁桃のくぼみに入っていきます。

これが、くしゃみなどの拍子に、口からでてくるのです。

臭い玉(膿栓)はとれるのか

臭い玉は、耳鼻科でとることができます。

自分でとる方法もあるようですが、扁桃を傷つける恐れがあるため、膿栓除去治療を行っている耳鼻科でとることをおすすめします。

 

なお、臭い玉は、一度除去しても、何度も発生しますので、あまり気にする必要はありませんが、自分では、どのくらいたまっているか見えませんので、気になる方は、耳鼻科に行かれてもよいかもしれません。

 

口臭の1つの原因になっているかもしれませんからね。

臭い玉(膿栓)除去体験記

さて、私は、臭い玉(膿栓)の除去を専門に行っている、「とくなが耳鼻咽喉科」に行ってきました。

1 治療法

まず、先生が、扁桃部分をカメラで確認します。

その際に、舌をおもいっきり引っ張られました。

めちゃくちゃ痛かったです。

 

次に、「扁桃専用洗浄管」という器具を使い、扁桃部分に水をあてて、水圧で臭い玉(膿栓)をとります。
「扁桃専用洗浄管」の画像は以下のとおりです。

扁桃専用洗浄管

 

これを、片側ずつ、右と左の両方行いました。

 

口の中に管などを入れられると、すぐに「おえっ」となる人は、苦しいかもしれません。

 

口の中の水を吐き出すケースを自分で持ち、都度、そのケースに、水を吐き出します。 

2 治療結果

水を吐き出したケースを見ると、小さい臭い玉(膿栓)が少しだけとれました。

 

私は、それほど臭い玉(膿栓)がたまっていなかったようです。

ほっとしました。

3 治療額

私は3割負担で、初診料込、2,850円でした。

4 とくなが耳鼻咽喉科

① 住所

東京都文京区本駒込1-6-19
サンユービル2階

② 地図

③ 電話番号

03-5815-5887

④ HP

www.tokunagajibika.com 

口臭がなくなった男性の画像


いかがでしたでしょうか。

 

臭い玉(膿栓)は口臭の原因にもなるので、気になる方は、耳鼻科に行ってみてはいかがでしょうか。

 

なお、私の口臭外来体験などをもとに、「口臭対策完全版」の記事を、BrainまたはNoteにて980円で販売していますので、よかったら、こちらも参考にしてください。

関連記事はこちら
口臭外来体験記 | 口臭の原因と口臭ケア